怖い話投稿板

[返信][更新][]
[][検索][HOME]
こげ
誰も知らない物語-ダレモシラナイモノガタリ-
私が高校生だった頃のお話なのですが、
夏休みに級友のユッコから中学の友人とお泊り会をするから来ないか?と誘われました。

ユッコは入学してすぐ仲良くなった子で、今も親友として関係が続いています。

でも、人見知りの激しい私は友人以外の人とご一緒するのはとても怖くて、
残念ですがとお断りを入れたのですが、
同じクラスのアマネとユズキが行くことになったことで状況が変わりました。
三人であの手この手を使って断れない方向へ私を追い込み…
結局、うんと言わざるを得なくなった訳です。
人生初の夏●ミに行けるのは…あまりにも魅力的な…



「この近くに幽霊が出る場所があるんだよ♪」

お泊り会の当日、夕飯になるまでユッコの部屋で勉強をしていた時、
ユッコの友人のひとりが手を止め、そう話を切り出しました。
幽霊が出る…というのはユッコの家からそう遠くない、
私鉄が敷いた線路上にある踏切で、夜中に列を作って歩く人影が目撃されるそうです。
オカルトとBLが大好きな私達にとって、目の前に餌をぶら下げられたも同然、

「男子とか呼んで今夜、肝試しをしよう!」

夜の11時にユッコの家を抜け出し、件の踏切に行くことになりました。
集まったのはユッコの地元の友人が男子が3名で女子が2名、
私達4人を入れて参加者は合計9人、かなり賑やかな道行です。
もちろん男子はお泊り無しですよ。

市街から離れた田園地帯、満天に輝く星々の下、
自己紹介しあったり、虫よけスプレーをかけ合ったり、持ち寄ったお菓子を食べたりして、
明かりの無い道を馬鹿みたいにはしゃいで歩いた抱え込んだ孤独や不安に、
おーしーつーぶーさーれーなーいよーにー?

歩いて10分程、人の腰くらいまで伸びた雑草の中に埋もれて踏切はありました。

警報機も遮断機もない、黄色い注意書きの看板と木の踏板があるだけの簡素な作りです。
ユッコと地元の子達は終電も行ったからと、
踏切内へ入って懐中電灯で線路の先を照らし、幽霊が来ないか見てました。

道床へ敷かれた砕石の上に等間隔で並べらた木のマクラギ、
さらにその上へ二本平行に敷設された赤く錆び着いた高炭素鋼製のレール…
その先は懐中電灯の明かりではまったく届かない闇の中…
私とアマネとユズキはずっと踏切へは入らず、
手前の道路から南北へ真っ直ぐ伸びる線路を眺めています。
何も出なさそうですね。
しばらくして、線路内に入ってたユッコ達地元の子が足音が聞こえると言い出しました。
ユッコが私達を呼んで指を差し、南の方から砕石とマクラギを踏みながら、
線路をこっちに向かって近づいてくる足音がするというのです。
道路上にいる私達には全然、砕石がこぼれる音すら聞こえないって言うと、
ユッコ達は足音の聞こえる方へ懐中電灯を向けました。

『外道照身霊波光線!』

いくつですかあなた達…

「汝の正体みたり! 前世魔人 !!」

「ぶぁれたかぁ〜!」

アマネ…ユズキ…二人も絶対なんかおかしいよ!
砕石の上に並べられたマクラギと平行に走るレールがあるのみで、
まったく人影ひとつ見当たりません。
それなのに、足音はユッコ達がいる方へ確実に迫ってきているそうです。

「あ!」

線路内にいる一人が懐中電灯で照らす輪の中に黒い人影がいると叫びました。
ユッコや線路内にいる子達が揃って見えたと…それも一人ではなく、
重なるように幾人もが一列に並んでふらふらとこちらへ歩いてくるのだと言うのです。
もしかして、線路の中外ではなくて地元の子だけに見えるとかなのかも。

「あれ幽霊?」「幽霊やばくない?」「マジ幽霊かよ?」「幽霊まじやべー!?」

線路内へ留まることに我慢できなくなり、私達のいる場所へ逃げてきたユッコ達。
私とアマネとユズキは頭の上に『?』を浮かべるばかりでした。
そこへ今度は大きな声でギャー!ですよ?
女の子の一人が携帯電話を取り出して画面を見つめ…
あれ?あれ?そんなはずない…うそ?うそ?うそ?って。
周囲にいる友人たちに黒い携帯の画面を見せながら、
くぁwせdrftgyふじこlp的意味不明な言葉で喚き散らし始めます。
私の横でユッコが同じように携帯を取り出し、画面を見て顔を引き攣らせました。
いえ、彼女だけではなく…

「ニヤ先輩?だってもう…」

「ありえない、ニヤ先輩から…」

「うそ、ニヤ先輩から…」

「私もニヤ先輩から…」

「わ、私もニヤ先輩から着信…」

ユッコと地元の子全員に『ニヤ先輩』という人からほぼ同時に着信があったみたいです。

「ユッコ、ニヤ先輩って誰?」

「メモリーから消したはずなのに…確かに消したはずなのに!」

話聞いてないし…しかし、気丈で男勝りなユッコですら怯えさせるとは…
なるほどなるほど、全貌が見えてきたかもです。
ニヤ先輩というユッコ達共通の知人で、
その人に全員が後ろめたい感情を抱いているということですね。

「ユッコ、その電話には絶対に出ちゃダメだからね、着信なんてないんだから!」

「え!?」

ユッコが驚いて、真っ暗な携帯画面から私に顔を向けました。

「な、なに言ってんの?
 ほら、ニヤ先輩からの表示…ず、ずっと…着信音鳴ってるんだけど?」

「絶対に無視して!その電話に出たら最後、完全な恐怖に飲まれるよ!」

足音も携帯の着信も全部、高まった恐怖と集団ヒステリーによる幻聴と幻覚です。
私とアマネとユッコは線路を歩く足音も携帯の着信音もバイブ音も聞いていません。
思った通り、地元の子達が手にする携帯の画面は全て真っ暗のままです。
我慢していれば必ずあれは去っていきます。
この世に在らざるものは安定と維持がとても難しいのです。
こちら側の誰かがそれを許さない限り…

「もしもし、ニヤ先輩ですか?わたし…ヤマダです…」

「あ、やっちゃった…」

10/08 17:02
[PC]
[編集][コピー]
▼[3]みーちゃん
女性
62点
10/21 21:38
[PC]
[編集][コピー]
▼[4]怖い名無し
途中から歌詞が気になって本文が頭に入らなくなったw
あれがデネブ、アルタイル、ベガ
10/25 11:03
[PC]
[編集][コピー]
▼[5]怖い名無し
これは62点以外ないなwwww
12/10 16:12
[PC]
[編集][コピー]
▼[6]怖い名無し
とても良かった。

文章が気晴らししています。

ありがとうございました!
12/10 18:49
[PC]
[編集][コピー]
▼[7]怖い名無し
皮噛みの駄作を読まされたあとで本当にホッとするよ。
もっと投稿して駄作を駆逐してほしい。
12/10 20:24
[PC]
[編集][コピー]
▼[8]怖い名無し
一番の駄作は君のコメントだなぁ、

ぷっ(ゴメン!)
12/10 21:06
[PC]
[編集][コピー]
▼[9]怖い名無し
あれれ?皮噛み関連のコメントに反応しちゃったよw
やっぱり河上なんだあんたw
管理人さん、こいつ河上決定ねwwwww
適当にお願いしますwwww
俺らももうちっと楽しみたいからw


12/10 21:39
[PC]
[編集][コピー]
▼[10]怖い名無し
ぷっ(ゴメン)!
12/10 21:47
[PC]
[編集][コピー]
▼[11]怖い名無し
なにかな?河上w
忠告しておくけど、これは河上の書いた駄作とは違う、こげさんが投稿した話だからな。
気をつけなよ。
12/10 21:53
[PC]
[編集][コピー]
▼[12]怖い名無し
ぷっ(ゴメン)!
12/10 22:23
[PC]
[編集][コピー]
▼[13]怖い名無し
俺ら、

ぷっ!
12/10 22:25
[PC]
[編集][コピー]
▼[14]怖い名無し
忠告、

ぷっ!ゴメン!
12/10 22:27
[PC]
[編集][コピー]
▼[15]怖い名無し
気をつける、

ぷっ!
12/10 22:34
[PC]
[編集][コピー]
▼[16]怖い名無し
河上、荒らすなよ。
こげさんが書いた作品を荒らしたら可哀想だろ。
12/10 22:48
[PC]
[編集][コピー]
▼[17]怖い名無し
可哀想だろ、

ぷっ、ゴメン!
12/10 23:01
[PC]
[編集][コピー]
▼[18]怖い名無し
また河上が荒らしているよ。ひどいことしているな。
12/10 23:05
[PC]
[編集][コピー]
▼[19]怖い名無し
河上!

ぷっゴメン!
12/11 01:12
[PC]
[編集][コピー]
▼[20]怖い名無し
何度注意しても荒らすの止めないのか河上。ひどい奴だな。
著しく作者とサイトに迷惑をかけているぞ。
やめろよ。
12/11 01:16
[PC]
[編集][コピー]
▼[21]怖い名無し
お前は人のこと、言えるか?

河上君、
12/11 01:23
[PC]
[編集][コピー]
▼[22]怖い名無し
誤爆か?
12/11 01:37
[PC]
[編集][コピー]
▼[23]怖い名無し
皮ちゃんの粘着質はトリモチより凄いだでアッアッアッア
自演しないで皮です。って言えばいいのに
12/11 02:51
[PC]
[編集][コピー]
▼[24]怖い名無し
せっかく書いてくれた作品を荒らすのは良くないことだ。
12/11 08:20
[PC]
[編集][コピー]
▼[25]怖い名無し
あちこちに荒らししているのはお前だよ。
12/11 11:14
[PC]
[編集][コピー]
▼[26]怖い名無し
そうだな、色々な作品を皮噛みは荒らしてまわって困るよな。
またアクセス禁止にされるといいな。
12/11 11:44
[PC]
[編集][コピー]
▼[27]怖い名無し
男性
>>私とアマネとユッコは線路を歩く足音も携帯の着信音もバイブ音も聞いていません。


これは私とアマネとユズキの間違いだよね?
02/27 14:02
[N01E]
[編集][コピー]
▼[28]怖い名無し
河上がどんなに頑張ってもこげさんに勝てるわけないからな。
こうして嫌がらせをするしかないのだろうな。
哀れなものだ。
05/06 16:50
[PC]
[編集][コピー]
▼[29]怖い名無し


おまえにゃ〜

負けるよwwwww





05/06 22:51
[PC]
[編集][コピー]
▼[30]怖い名無し
なんだw文章でも評価されなくて、コメントでさえ全論破されて皮ちゃんは誰にも勝てないヘタレなんだねw
誰よりも能力が劣るクズが嫉妬して優れた方々に嫌がらせを繰り返すのは、
無様で惨めだからやらない方がいいよw
ベストセレクションとか自分の能力に見合った場所へ駄作投稿すればいいじゃん。
ここは皮ちゃんの駄作を受け入れられる人なんていないんだからねw
05/06 23:23
[PC]
[編集][コピー]
▼[31]赤木
ふぁあああい‼🌝
05/07 02:35
[PC]
[編集][コピー]
▼[32]怖い名無し
河上龍泉にできることは負け犬の遠吠えと残飯漁りくらいだわなw
必死でここにしがみついてるしかないわけだw
05/07 08:19
[PC]
[編集][コピー]
[][次][前]


[返信]
[一覧に戻る]
[HOME]

本日:436
前日:489


mobile-bbs