怖い話投稿板

[返信][更新][]
[][検索][HOME]
ロビンM
死装束

死装束


私は血の匂いが好きだ。

ただそれは自分の血ではなく、他人の… それも若い女性の血なら尚良い。

私が血の匂いに魅了されたのは、とある交差点で起きた人身事故がきっかけであった。

タクシーの下敷きになった自転車と、前輪に踏み潰され、スイカのように割れてしまった女子中学生の頭。

離れていても眼球が二つとも飛び出しているのが分かる。

近づいてみると周囲には彼女の肉片が散らばっており、血の匂いが立ち込めていた。

普通なら目を背けてしまうような恐ろしい光景だが、なぜか私の全身には鳥肌が浮き出し、お腹の辺りから熱いものが込み上げてくるのがわかった。

「もっと、もっと嗅ぎたい」

私は一先ずアスファルトの血に指をつけ、誰にも見えないようにして舐めてみた。

「美味い」

私はハンカチを落とすフリをして充分に血を染み込ませた後、それをポケットにしまった。私の手はその時、喜びに打ち震えていたように思う。

この時、私は三十二歳。思わぬところで自分の知らない自分と出会ってしまったのだ。

かくして私はその一件から、少女の血に魅了される事となったのである。



罪悪感はあった。

ただ初めの内は、だ。

人は自分の欲求を満たす為なら時として恐ろしい事を考えつくものだ。

コートに包丁を忍ばせた私は、深夜を待って一人で歩いている若い女性を次々と襲った。

大抵の場合、いきなり背中をひと突きしてやると声も上げずに倒れこむ。私はすぐさま四つん這いになり犬のように傷口を舐め回す。そして持ってきたタオルや布などに血を充分に染み込ませて持ち帰るのだ。

その布を嗅ぎながら眠ると昼まではグッスリと眠れる。我ながら悪趣味である。

テレビのニュースでは通り魔多発地帯として、私の住む町には厳重な警戒体制が敷かれているようだ。

被害者はどれも重症だが、幸い亡くなった者はいないと報じられていた。


来月、私は四十二歳の誕生日を迎える。

もちろん独身の私には祝ってくれる者などいない。

外は雨。

窓を叩く雨粒とは別に、硝子を小突く赤い指がヒラヒラと視界に入る。

「またか」

私が寝ようとすると決まってこの女は現れる。今日も血に塗れたような真っ赤な顔を硝子窓に貼り付けて部屋を覗きこんでいる。

思えばこの女は私が血の悦びに目覚めたその夜から、毎日のように私の部屋にやってきている。

女性の額には二本の角が生えているが、それは少しづつ伸びているようにも思う。

いや、私が人を襲うたびに角は確実に伸び続けている。

鬼。

さあ、私が十年もかけて集めた、血布を繋ぎ合わせて作った死装束が、ようやく明日には完成する。

私はその後、それを着てこの窓から飛び降りるつもりだ。

「それまで地獄に連れていくのは待っていてくれないかな?」

私がウインクすると、鬼はニタリと黄色い歯を見せて笑った。



美味そうだ。

私が死んだら、この女の血も舐めてやるとしよう。



05/03 01:21
[PC]
[編集][コピー]
▼[1]採点おやぢ◆HyQek4FZuf
63.5点
05/03 02:44
[PC]
[編集][コピー]
▼[2]怖い名無し
つまらん
05/03 21:59
[PC]
[編集][コピー]
▼[3]ロビンM
や、やっぱりつまらんですか?確かに自分の話を読んで面白いと思った事は一度もありません。書きあがった瞬間はニヤリと思うのですが、時間をあけて読み直すとガッカリです。
もちっと話を練ってから出直してきます…ひ…
05/04 01:20
[PC]
[編集][コピー]
▼[4]怖い名無し
男性
新しい『(吸血)鬼』誕生ですね。
05/04 01:39
[N01E]
[編集][コピー]
▼[5]気の毒な
血に飢えた末、恋人に自分の殺害を頼む美女の話を思い起こしました。
今回は50点。

05/04 02:09
[PC]
[編集][コピー]
▼[6]怖い名無し
中々
05/04 16:00
[PC]
[編集][コピー]
[][次][前]

[返信]
[一覧に戻る]
[HOME]

本日:97
前日:202


mobile-bbs