怖い話投稿板

[返信][更新][]
[][検索][HOME]
島金胤八
チェルシーの呪い
80年代後半
わたくし金八が中学生の時の話

当時、金八は頭はパーだがスポーツは得意でクラスの人気者だった。

校内暴力の全盛期は少し外れていたが、まだ余韻が残る時代。 目立つ生徒は不良達の恰好の的だった。

不良とは無縁の小学校生活を送っいた金八が初めて因縁をつけられた。

授業が終わり部活に行く準備をしていると、ミソグラと呼ばれるパンチパーマの同級生が「先輩が呼んでるからついてこい」と言ってきた。

ミソグラは体が小さく童顔で怖くないが、笹公と呼ばれるスロースに良く似た幼なじみと、いつも行動を共にしている。
笹公は少し知恵遅れだが、高校生でも引く程ケンカが強いのだ。

笹公はミソグラの言う事を何でも聞く最強のボディーガードなのだ。
ミソグラは笹公をダシに不良グループに取り入っていた。



クラスがざわめく中、金八は、ミソグラに連れられ学校裏を流れる川に連れていかれた。

ここは背丈より高い草が生い茂り、人目に付かない場所だ。

クラスの友達が心配して付いて来ているが、怖くて視界に入る所までは来れないようだ。

不良の世界など何も知らない金八は自分の置かれてる立場がイマイチ理解出来てない。

そこには大前先輩と賀千代先輩がいた。
「お前か!生意気な一年は!」
「は?」
「コラ!なめてんのか!」
そんなような遣り取りがあった次の瞬間目の前に星が飛んだ☆
「痛たぁっ!」
金八は賀千代先輩に殴られた。

賀千代先輩は金八の近所の汚い食堂の息子だ。 一つ年上だが、ちっちゃい頃 鈍臭くてよくイジメていた。
中学生になって不良グループに入って自分が強くなった気分になっているが、賀千代先輩は以前と全く変わってない鈍臭い子だった。

不良グループに手を出すと、後が怖いとか知らない金八は、幼い頃の力関係のまま、賀千代先輩をぶっ飛ばした。

皆 唖然となった。

「ガッチョ(賀千代先輩)の分際で金八に勝てると思ってるんか!」と言うと 賀千代先輩は「もうギブアップゥ」と幼き頃の決めゼリフを吐き、泣きながら逃げて行った。

こうして金八は不良グループの標的となった。
続く
10/11 13:43
[PC]
[編集][コピー]
▼[1]島金胤八
続き
笹公は不良グループに属しているが知恵遅れの為 自分の立場が分かっていない。
金八も不良の世界が分かってないので、自分の立場が分かっていなかった。
金八と笹公は同じクラスで、席が前と後ろで結構仲良くしていた。
休み時間になるとミソグラがやって来て笹公を連れて行っていた。

たまに「〜〜先輩が金八ぶっ飛ばすって言ってるぞ」とか言われるだけで何もなく、一学期が終わった。

夏休み明けに中井と言う転校生がやって来た。
ちょうど流行りかけてたビーバップに出てきそうな男だ。

当然、不良グループの呼び出しがあったようだ。
中井は呼び出しを無視し続けていた。

クラスが違うからよく知らないけど中井は「雑魚は相手にしない主義」「俺は総理大臣に呼び出されても行かん」とか言っていた。

そんなある日、中井が金八に話し掛けてきた「オメエが金八かあ」
「うん」
「オメエもアイツらに目つけられてんだろ?」
「そうなん?」
「まあ俺が来たから安心しな」
それから彼の武勇伝を散々聞かされた。

血で血を洗うような抗争や警察とやり合う話。
バイクで死んだ仲間。
高校生とセックスした話…

世間知らずな金八は全部鵜呑みにして、中井を尊敬してしまった。
そして不良の世界の怖さを知った。


察しの通り中井の言葉は全てハッタリだ。
だが中井の風貌と話術で学校中が騙されていった。

中井は新たな不良グループを作った。

中井グループは男塾と名乗り、自分の武勇伝や性体験を語り仲間を増やして行った。

旧不良グループから男塾に移る者も多数出てきた。
中井が番長の座に就くのは目前だった。一度もケンカをせずにだ
続く
10/11 13:51
[PC]
[編集][コピー]
▼[2]島金胤八
続き
ジャンプ連載中のドラゴンボールで悟空が初めてカメハメ波を放った次の日、中井の人生が変わった。

中井は男塾のメンバーを集めた
中井「ジャンプ読んだ後、俺もやってみたら出たぞ…カメハメ波」
一堂「……………」
「はぁ?」あきれた顔で中井を見た
中井「いや ぐ偶然一回だけだけどっ‥」

カメハメ波
この一言で中井の魔法がとけた。

全てのハッタリがバレ、中井は天国から地獄へと落ちた。


当時「♪ほ〜ら チェルシー」というCMが流れていて、ホラ吹きの中井はチェルシーと呼ばれるようになった。


チェルのお蔭で賀千代先輩とのイザコザが有耶無耶になった。
ミソグラは金八の事を嫌っているようだが、笹公と仲良くなったので手を出せないようだ。

チェルは番長目前からパシリになっていた。

チェルの自慢話の中にこうゆうのもあった。
「俺のお袋は拝み屋で人を呪い殺す力がある。俺にも その力があるようだ」
「幽霊なんかしょっちゅう見るぜ! 俺の力なら簡単に祓えるぜ」


チェルは幽霊が憑いてると脅してくるが 今更信じる者は誰もいなかった。
そんなハッタリを言うたびシバかれていた。

プライドの高いチェルには地獄の日々だったと思う。

そして数ヶ月後
チェルは以前からJ芸能事務所に所属している(と言っていた) デビューするメンバーが決まったとハッタリをかまして転校して行った。
続く
10/11 14:00
[PC]
[編集][コピー]
▼[3]島金胤八
続き

チェルが転校した後、程なくしてチェルは自殺したって噂が流れ始めた。
誰が言ったかチェルの幽霊の目撃談も流れていた。
そうなると厨学生の妄想は止まらなくなる。

チェルは英語を喋れるって自慢していた。 勿論ウソだ
それを知ってる英語の鬼駒先生は ちょくちょくチェルを指してはからかっていた。
その鬼駒が病気で長期休暇を取った時から、チェルの呪いなのではと噂が立つようになった。


ある日、教室に〇〇小学校のパンツ貸し出しノートなる物が置かれていた。
パンツ貸し出しノートとは、お漏らしした子に貸すパンツの記録簿の事だ。
何月何日 氏名 お漏らし内容まで書かれている。
現代人には信じられないようなノートが当時の小学校の各教室に設置されていた。

そのパンツ貸し出しノートが中学校の教室に置かれているのだ。

お調子者がノートに書かれてる名前を読み上げていった。


〇〇小学校5年〇組のパンツ貸し出しノートにミソグラの名前が載っていた。
お漏らし内容【こん盛り味噌のようなウンチ】と書かれていた。

ミソグラと小学校が違ったので知らなかったが、ミソグラは糞漏らしの常習犯で毎回味噌みたいなウンチを蔵に貯め込むようにしていたのだ。
そこから味噌蔵とあだ名がついたのだ。
本人は味噌グラタンが好きだからと言っていたが。

こうしてミソグラは失脚した。


次の呪いの被害者は賀千代先輩だ。

以前からニキビが目立つ人だったが 急に酷くなっていった。
ニキビの上にニキビが出来て 顔がボコボコで猿の様に真っ赤になった。
賀千代先輩は引きこもりなってしまった。

その他 飼育小屋の動物が消えたり、プールで足を引っ張られたとか胡散臭い心霊系の事故も多発した。
もう何かあればチェルシーの呪いと言われるようになった。

そりゃ生きてれば何らかの不幸はあるだろうが当時は本当に怖かった

チェルはバカでケンカも弱く根性もなく嘘ばっかだけど、芸能事務所に所属してたのは本当だった。

チェルのハッタリ話術は芸能界ではとても良い武器なのだろう。
割と人気モノとして芸能界で生き残っている。
いまだに若い頃のヤンキー風の写真を持ち歩き、恥ずかしい恥ずかしいと言いながら番組で見せて昔は悪かったと臭わせている。
チェルシー中井の話でした
終わり
10/11 14:22
[PC]
[編集][コピー]
▼[4]怖い名無し
元スマッ◯の中居の話だね
08/31 21:11
[PC]
[編集][コピー]
[][次][前]

[返信]
[一覧に戻る]
[HOME]

本日:135
前日:180


mobile-bbs