怖い話掲示板

[返信][更新][]
[][検索][HOME]
怖い名無し
男性
032 土着信仰
山に遺体を捨てるのは、神様への供物ではなく、死した後神様の元で生まれ変わり山の一部になるのではないだろうか?
山の恵みに生かされ、死後山の恵みになる。
輪廻の輪のように、脈々と命のリレーが続いていたのでは?
故に、信仰が廃れ人との関わりを無くした神様は「さみしい」と言ったのではなかろうか。
それでもなお、山に存在し人々を見守っていてくれているのだから、とても慈悲深く、愛情深い神様だと私は思う。
05/20 16:35
[PC]
[削除][編集][コピー]
◆[1]怖い名無し
スレ主の捉え方にほっこりしたと同時に感動した。

それにしても、山神様の「さみしい」に無性に切なくなったなぁ。とある出来事に対する、自分の中の後悔と重なって泣きたくなる言葉だ。
主人公、せっかく山神様が見えたんだから定期的に山に通ってほしい。
08/05 19:31
[N03A]
[削除][編集][コピー]
[][次][前]

[返信]
[一覧に戻る]
[HOME]

8570865

本日:212
前日:613


mobile-bbs